プラ製の寝室

ピンクの壁、ゴールドの額縁、アーケードゲームの筐体、中央の硝子に覆われた回転式ベッドでねころぶ私と隣のひと。長方形の窓の向こうには今にも落ちてきそうな満月がみえている。満月は鈍く光り、クレーターの模様が色濃くおどろおどろしい。満月はもう地球すれすれのところまで落ちてきて、空に浮かんだ人工の月がその衝撃を吸収して砕け散った。銀とネオンピンクの光に包まれて、人工月面にそびえたつビル群も一緒に砕けて消えた。満月はギリギリのところで軌道修正して私たちから遠ざかっていき、私たちはその光景を窓から眺めていた。満月の姿が小さくなったのを見て胸を撫でおろした。ここまでが夢の話。

さよならスイートブレッド

うらら春 ごめん夜明けは 不可視パン

数年前に一瞬はまった短歌のひとつ。今日の買い物帰りに自転車を漕いでたらふと思い出した。当時は穂村弘のエッセイを愛読していた。
しばらく菓子パンは食べないと決めたのだ。ダイエットのために。ワゴンの98円菓子パンは魅惑過ぎる。と書きながら今総菜のふやけたフレンチフライドポテトとオレンジジュースを食べているし冷凍ギョーザも買ったのでちぐはぐである。

人魚になる/ジェネリック天使

店の奥に隠れた扉があって開けるとまた扉がある。右の扉を開くと冷蔵庫が並ぶ。上の冷凍庫、右の宝石箱に息を吹きかけると箱が開いて桃色の貝殻が出てきて冷蔵庫の中のタコがクイズをはじめる。大きなビルでファッションショーが開催されて、世界各国の来賓が列をなす。私は手作りメッセージカードを忘れたので急いで店に戻ろうとする。階段で待機列をつくる外国の美容学校の生徒たち。宝石箱のスパンコールの位置などでクイズに正解した私は優勝する。人魚姫は無償の愛を与える生き物だから私はみんなから出遅れたあとでも登場人物のアドバイスを受けてなんとかやれたので相応しいらしい。オレンジ色のノートを誇らしげに使用している。パンの配膳準備、イラストカードを描こうとする。知らないアイドルとはなす。ここまでが夢の話。

 

今日は天気がわるくて部屋干しした洗濯物に囲まれながらアマプラでホラー映画をみてた。「ホスピタル」と「ダークハウス」だ。ホスピタルはこれぞB級ホラー!というありがちな展開の中に意表をつくオリジナリティも感じられて面白かった。ダークハウスは死霊館シリーズのジェームズ・ワン製作だけあって作り込まれてたと思う。それにしてもジェームズ・ワンはひっそり受け継がれていくパターンが好きだな。

夜は九龍ジェネリックロマンスが最新話まで無料公開されてたので読んでみたら面白かった。雑然とした世界、ウォン・カーウェイの「天使の涙」とか「恋する惑星」を思い出した。けどSF、ミステリー要素もしっかりあって今後も追いたい作品になった。

うさぎ柄の絆創膏

フルーツ牛乳のんだ。ピーナッツクリームパンたべた。どちらもパッケージカラーがオレンジでかわいい。

昨日映画館でホラー映画を見た。食事ができるようになってたのでいつものナゲット&ポテトを注文。映画を見ながら食べるポテトは格別においしい。映画を見つつ、ひたすらポテトを口に運ぶ。あの時間はいいものだ。

 

おいしいフルーツケーキ

はてなブログを開設したものの記事を書かずに1ヶ月ほど経ってしまった。今はてなブログアプリをインストールして、アプリから日記を書いている。これなら書きやすそうだ。

 

無印良品で買ったバームたち、もうフルーツバームのみになってしまった。好きなものは最後にとっとく派なのでね。歯科矯正のせいで冷たい飲み物が歯にしみるのでホットミルクと一緒に食べるのがよさそうだ。最近は生姜湯に調整豆乳を混ぜて飲むのがちょっとブームになってたけど牛乳が飲みたいな。

 

ホームページで日記を書いてるけど管理の面を考えるとはてなブログの方がいい気がしてきた。ホームページの方は描いた絵とちょっとした文章を載せる場所にしようかな。

と言ってもはてなブログでコツコツ長文日記を書き続けたいわけでもなく、長文を書くほど伝えたいこともないので気まぐれに続けようと思う。時々はてなブログのお題に沿って書いてもいいかもしれない。